リバウンド対策と最適な食生活

リバウンド対策と最適な食生活

ダイエットをした後にリバウンドをする理由はいくつかあります。それまでの食生活を一転させると体重が元に戻りやすくなるので、継続できる方法でダイエットをします。好きなものを食べないなど無理をし過ぎないようにします。

我慢する方法で行わないようにする

ダイエットをするとき、いくつかの目標を立てます。体重を何キロにするとか、特定の服が着られるようになるまでなどです。そして、その目標を達成するために努力をします。努力の中には我慢をして行うこともあります。目標を達成すれば、我慢しなくて済むと頑張ります。リバウンドの対策としては、我慢をする方法で行わないことが挙げられます。好きなものを我慢する、嫌いなものを無理して食べるだと、目標達成と同時にそれをやめます。辞めた後どんどん元に戻ります。続けられる最適な食生活をすることによってダイエットができなければいけません。好きなものを完全に辞めない方がいいこともあります。

食事のカロリーや栄養分を認識する

ご飯一杯でどれくらいのカロリーや栄養があるかを知っているかです。それが1日に必要なカロリーのどれくらいかを知っている人がいるかです。ご飯ぐらいなら何となくわかるかもしれませんが、その他の食べ物となるとわかりにくいものもあります。ショートケーキなどは、一つ食べてもお腹いっぱいになりませんが、カロリー自体は非常に高いです。リバウンドの対策としては最適な食生活が必要ですが、食事のカロリーや栄養分を意識するようにします。これを食べたら何キロカロリーでどう影響するかを知って食べるようにします。カロリーがわかればカロリーオーバーどうかを知ることができます。

間食の習慣を無くしたり減らすようにする

一般的な食事は、朝食と昼食と夕食になります。1日に必要なカロリーをこの3食で取るのが最適な食生活と言えます。しかし、それだけで済ませるのは難しいこともあります。間食としてお菓子を食べてしまう人はいるでしょうし、ジュースや缶コーヒーなどを飲む人もいます。リバウンドの対策として、間食の習慣を無くす努力をするようにします。これはダイエットの時点で行います。間食が多かった人は、少しずつ減らして、最終的には無くすようにします。甘いものが食べたいならその分カロリーを減らすなどして、トータルの摂取カロリーが変わらないようにしておけば、太る可能性は減ります。

まとめ

ダイエットをしてその後にリバウンドする人は多いです。対策としては、我慢をしない最適な食生活をしながら行うことでしょう。我慢をしない方法なら、ダイエットを終了した後も引き続き良い状態をキープすることができます。

比較ページへのリンク画像