痩身でできるカッピングの特徴と効果

痩身でできるカッピングの特徴と効果

カッピングの特徴は血液の流れを良くすることで、利用するとひどい肩こりや筋肉がほぐれて疲れや冷え性改善に期待することができます。サロンや美容整体などで施術を行いますが痩身エステで行うとデトックス効果があります。

真空状態の玉を肌に充てて改善する治療法

東洋医学では血液が滞ってしまう?血といいます。ドロドロの血がさまざまな病気の原因となるといわれています。西洋でも悪い血を浄化することは行われてきました。カッピングは真空状態にした玉を肌に当てて改善する治療法です。真空状態で吸い上げると血液やリンパ液の通り道が広がって流れる血液の量が増加しますが、一気に血液が流れるため血管についているコレステロールなどが流れて血液や血管がきれいになります。リンパが良くなると老廃物が排出されます。身体の深くまでマッサージ効果があるためコリにも効果があらわれて、ひどい肩こりや筋肉がほぐれて、慢性的な疲れが改善し、冷え性が改善したり体組織の強化や内臓などの器官が活性したり、病気の予防などの特徴があります。

施術後に跡が目立つため服装には注意が必要

記事のイメージ画像

カッピングの一般的な手順はサロンで行うか美容整体で行うかによって違いはありますが、基本的には身体を温めてほぐれやすいようにします。疲れやコリが溜まっている場所に3~5分程度吸引を行って、次にハンドトリートメントやマッサージを行います。カッピングを行うと数時間から1日程度跡がついて目立ちます。特に背中やおへそ周りの露出がある服を着る予定があるときには施術を受けない方がおすすめです。施術時間はほとんど掛かりませんが、アフターケアをしっかりと行ってもらえるサロンの場合には施術後目立ってしまう跡を目立ちにくくしてくれる施術を行ってくれます。施術時間には余裕が必要です。

エステサロンでは痩身に効果的な場所に利用

エステサロンで利用するカッピングは東洋医学に基づいて痩身に効果的な場所にカップをおきます。痩身エステでは体内の老廃物や尿などからのデトックス効果が発揮されてきれいになった血液が滞りなく流れて、フレッシュな酸素と栄養素が体全体に行き渡って細胞がよみがえります。血行が良くなって代謝がアップして、体脂肪を効率よく燃焼することができます。今まで基礎代謝が下がっていて太りやすい体質だった人は痩せやすくなります。内蔵機能も改善するため便秘解消するため、ぽっこりお腹の改善や冷えやむくみを防ぐことができるようになり脚やせ効果にも期待できます。不要なものが溜まらないため下半身太りを防ぐことができます。ラジオ派や超音波などのメニューをプラスすると痩身効果がアップします。

まとめ

カッピングを行うと血液の流れが良くなる特徴があり、サロンや美容整体などでは疲れや冷え性改善目的で利用されています。痩身目的のエステサロンではカッピングの特徴を活かしてデトックス効果を利用し体脂肪率を燃焼させたり、基礎代謝がアップするため痩せやすくなります。他のメニューをプラスするとさらに痩身効果がアップさせます。

比較ページへのリンク画像