サウナスーツの効果と痩身における考え方

サウナスーツの効果と痩身における考え方

サウナスーツは、間違った使い方をすると危険です。夏に着てジョギングなどはあまりしない方がいいでしょう。汗やミネラルが出ていくだけです。ウォームアップを効率的に行うためなら最適といえます。温まれば脱いで運動を続けます。

真夏に着て激しい運動は行ってはいけない

昔のダイエットは、いかに体重を落とすかをポイントにしていました。そして簡単に体重を落とす方法としては、いかに汗を流すかがあります。サウナで汗を流すこともあれば、厚着を着て汗を流す方法などが考えられていました。サウナスーツの効果は密閉状態になるので蒸れて汗が出やすいことが挙げられます。夏場なら、着ているだけですぐに体重を落とせました。しかし、痩身の考え方からすると夏場に着て激しい運動は非常に危険になります。汗が出過ぎて脱水状態になるからです。夏場は着ていなくても汗が出てきます。夏場にジョギングなどをするなら、薄着の方が良いでしょう。

寒い時期のウォーミングアップに最適

寒い時期に体を動かしてダイエットをすることがあります。しかし、筋肉が温まっていない状態でいきなり動かすと、筋肉や関節を傷めます。ダイエットには長時間有酸素運動をすることが良いとされているので、体を傷める状態で行うのはよくありません。そこで使うのがサウナスーツです。効果としては、簡単に体温を上げることができることが挙げられます。ですから、普通のウェアのみに比べて、脂肪の燃焼を早くから行えるようになり、痩身にも良くなります。考え方として、ウォームアップ時にのみ使い、ある程度温まれば脱ぐようにします。そのまま着続けると、汗が出過ぎてしまいます。

汗と一緒に老廃物を外に排出できる

夏は通常は汗をかく季節です。しかし、クーラーのきいているところにいると汗をかくことがありません。暑くても汗をかきにくい体質になってしまうことがあります。それを防ぐことができるアイテムとしてサウナスーツがあります。効果としては、汗をかけない人でもかけるようになることでしょう。汗はほとんどが水分です。それ以外にミネラルも出ますが、さらには老廃物も出してくれます。痩身の考え方としてデトックス的な効果を期待することができます。水分や塩分などのミネラルが失われるので、それらの補給などに気を付けながら行いましょう。

まとめ

サウナスーツを着て運動をすると、短時間で体重を減らす効果があります。ただ、汗が水分として出ただけで脂肪の燃焼はわずかです。汗が出にくい人や時期にウォームアップを目的として使うと、脂肪燃焼を促すのに使えます。

比較ページへのリンク画像